若王子神社のご紹介

無動寺の鎮守社で、若一王子権現を祭祀し、
永仁5年(1297)及び応永15年(1408)の棟札があります。
三間社流造の社殿で、屋根に堅板葺を残しているのは珍しく貴重です。
昭和39年に解体修理をしました。本殿は国の重要文化財です。

現在の若王子神社の写真はこちらへ(神戸市リンク)

解体修理後の本殿